必要な画像をピンポイント撮影!
従来のCCDカメラでは永続的な撮影を行う為、必要なデータへのアクセスが大変でしたが
必要な画像のピンポイント撮影が行われているので撮影後のアクセスが容易である。
◆CCDカメラ◆
動画形式にて保存となります。
利用するソフトによって異なるが撮影されるデータは1時間程度の撮影データとなり、必要なデータを探すためにはその時間帯の動画データの中から更に該当場面を探し出さなければならない。
◆弊社システム(DDA)◆
日付・時間別にフォルダを作成管理されているので任意のデータへのアクセスも容易に行えます。設置時にどういった対象の撮影画像が必要かをお伺いした後設置を致します。

<< HOME >>